日本ホメオパシーセンター東京新宿都庁前、千葉船橋駅前のウェブサイトです。

当センターのホメオパシー活動内容

心身の不調でお悩みの方にホメオパシーを活用いただくきっかけを提供し、悩みを解放するお手伝いをいたします。

 

・初心者向け個別説明会   ・健康相談

自らの手で健康を守る方、喜びをもって自分自身を生きる方が一人でも増えるよう、ホメオパシーの普及を図ります。

 

・講演会    ・スクール

全国のホメオパシーセンターとプロフェッショナルホメオパスの活動が活性化するよう、支援活動を順次展開いたします。

 

・コンサル   ・講師派遣   ・各種ツール

ホメオパシー、当センターの特徴

ホメオパシーについて

ホメオパシー(Homoeopathy;同じものが同じものを癒す同種療法)は、約200年前にサミュエル・ハーネマン医師の手によってドイツで誕生し、現在に至っては世界41ケ国で10億人以上の人々が、そのうち日本では10万人以上もの国民が自らの健康を守るために利用している自然療法です。


ホメオパシーでは、心身の症状や不定愁訴は必要があるから出ていると考え、西洋医学のように症状を抑えるのではなく、症状や不定愁訴を出し切ることで癒しを促せる、と考えています。

ホメオパシーのメカニズム

そのメカニズムは、心身の様々な症状や不定愁訴に対し、同じような状況を引き起こすその人だけのユニークで無毒のレメディー(鉱物、植物、動物等天然由来成分の同種の情報パターンを転写した、物質の含まれていない砂糖玉)を選択・投与することにより、身体に気づきを与え自己治癒力を触発するものです。

 

その作用は、心や細胞が抱える不自然なパターンを体外に解放するデトックスであり、体内浄化であり、そして本来の心と身体の健康を取り戻す手続き とも言えましょう。

 

レメディーで身体に気づきを与え自然治癒力を高めるだけの身体に優しいメカニズムであるがゆえに、赤ちゃんを含むお子様から妊婦、お年寄り、更には動物、植物まで安全に安心してホメオパシーを利用することができるのです。

日本におけるホメオパシーの展開

日本では、1996年に由井寅子ホメオパシー博士が日本国内にこのホメオパシーを普及し根付かせるために立ち上がり、ドイツからホメオパシーを輸入し、ホメオパシーの普及活動を牽引してきました。

そして、現代の日本人の体質にあった画期的なホメオパシーZENメソッドを発明しました。

 

ホメオパシーZENメソッドは、「心」「体」「魂」に対して三位一体で治癒に導く画期的なプロトコールを特徴としており、メンタル面や身体面の不調やアトピー性皮膚炎等の難病が改善する例も枚挙のいとまがありません。


※)「魂」とは ”本来の自分” を指している、と考えてください。”本来の自分” の上に、生後、いろいろな経験を積み重ねることにより、「心」と「体」が形成されていきます。

当センターの特徴

当センターは、上述のホメオパシーZENメソッドを導入しており、また、健康相談ではホメオパシーのレメディー選択の精度を高めるよう体内エネルギーバランス測定器「QX-SCIO」を補助的に活用し、サービスの充実を図ります。※注1)参照。
同時に、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長である由井寅子ホメオパシー博士の指導を受け、日本で最も信頼のある同協会から認定されたプロフェッショナルホメオパス(同種療法士)が、質の高い健康相談を行います。
運動や栄養の専門性が当センターならではの特徴にもなっており、総合的な生活アドバイスをからめた健康相談が可能ですので、皆様の健康づくり、健康改善に当センターをぜひお役立てください。

注1)「QX-SCIO」は東京新宿都庁前店で常時使用いたします。千葉船橋駅前店ではイベント時のみ使用いたします。